和光鶴川小学校学童クラブBlog

2013年4月から開設された、和光鶴川小学校にある父母運営による学童クラブです。

祝・「わくっ子」開室

昨年から、少しずつ準備を進めてきた常設学童クラブ「わくっ子」がいよいよスタートしました。感動の日を迎えたのですが、そんな気持ちに浸る間もなく、入学式を迎える前の、元気いっぱいの新一年生が、つぎつぎと入室してきてくれました。
初日は学校探検で、上級生が一年生の手をひいて、学校の中をまわりました。天気の良い一日だったので、お昼は外でお花見気分で全員でお弁当を食べました。
2日目、3日目はあいにくの雨でしたが、体育館の中でドッチボールをしたり、ゲームをしたりそれほど退屈しないで、楽しく過ごすことができました。ようやく晴れた5日目。外で一日遊びまわる子どもの姿が多く、サッカーや鬼ごっこで、元気いっぱい走り回っていました。中には、校庭の隅で静かにじっとしている子がいるなぁ〜と覗き込んだら、どろだんご遊びに夢中になっていました。



新2年生たちも、初めての下級生にとても優しかったです。


一年生には、朝の学習時間に絵本の読み聞かせを行いました。
みんなびっくりするほど集中して、静かに聴いてくれています。


学校探検のあとに、○×ゲームで行ってはいけない場所の
復習をしました。
「雑木林には一年生は行ってもいい……○か×か」
の質問に、×に集まる子どもたち。ちゃんと指導員の話を聞いていました。
1年生のみなさん、雑木林は入学式まで、もうちょっと待ってくださいね。


花見が校庭でもできて、とってもラッキーな日でした。


全体遊びの時間にやったハンカチおとしゲーム。
一年生との交流を深めるために、5年生が企画してくれました。


はないちもんめは、名前を覚えるためにはとってもいい企画です。
毎日このような、全体遊びを取り入れたことでだいぶ名前もわかるようになってきました。


静かに泥と戯れる低学年女子チーム。どろだんご作りはブームの予感です・・・。